プロジェクトX④:任意売却の比較対象が競売の理由

今のところ通常の売却で進めている我が家の販売。

でも、生活も苦しいし、預貯金もない。X氏から任意売却を聞き、いろいろ調べているんだけど、分かった量と同じくらいの疑問や不安が出てくる。身近に実務経験者(Xは元不動産営業職)がたまたまいるのが本当に助かる。

いろんなサイトを見ていて、任意売却は通常の売却方法を取るのに、比較対象が競売なんだろうっていうことがすごーく疑問だった。

Xによれば…「前に言った通り、任意売却(担保割れでの売却)に応じるには、ローンが不良債権化していないとダメ。不良債権化した場合、その担保不動産は競売で処分するのが普通なんだよね。だから、任意売却の比較対象は通常の売却方法ではなくて、競売なんだよ。」

なーるほどー。

「債権者は回収額も多くしたいし、競売申立費用もかけずに済むなら、なお助かる。だから市場で売却を図る任意売却にも応じられる。でも、全部の金融機関が任意売却を受け入れるわけじゃない。あくまで債権者の方針なんだ。だから、担保不動産が高く売れることより、競売で決着しよう、という債権者もなかにはある。滞納した債務者は、債権者に任意売却をお願いすることはできても、強制する権利はないんだ。」

え?メリットが分かっていてもその手段をとらない債権者があるのね…。

「そう。だからそこから融資を受けてローン滞納したら、競売のみ。」

僕の借入先はXの経験上、任意売却は応じてくれるそうだけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする