不動産の査定額が業者によってバラバラ

 『家の査定を三社に頼んだら、全部数百万単位で値段が違います。一番高いところと最も低い金額では、500万円も違います。一体どの値段が本当なのでしょうか?』

不動産の査定には、不動産会社による仲介で販売をする”仲介査定額(業界内ではエンド価格とも言う)”と、不動産会社で直接買取りをしてもらう”買取り査定額”とがあります。

仲介査定は、その不動産会社の担当者がこのくらいの金額で売れる可能性がある、という予想価格です。対して、買取り査定は、この価格ならすぐ買取りますよ、という確定した金額です。

うたい文句で『他社の見積りより100万円高く売れました!』といった広告を散見しますが、その多くは、買取り価格での話でしょう。
言えるのは、エンド価格が売り出し価格より上がることなどほどありません。査定額をいくら高く出しても、現実として売れなければ、絵に描いた餅に過ぎません。

誰しも自分の財産は、少しでも高く売りたいでしょうし、高く評価されれば嬉しいものです。そのため、いい価格を出してくれた不動産業者と媒介契約に気持ちが傾くのは無理からぬことでしょう。

そんなお客様の気持ちを利用し、相場より査定額を高く提示する営業担当者が少なくありません。しかし、高い査定を出す業者が、高く売るとは限りませんし、営業力があるかは不確かです。

必要な目線は、『この価格根拠は何か?』です。
取引事例や評価のポイントを査定担当者に遠慮なく確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする