マンションの一括査定で天国と地獄を見た②恐妻家

マンションの一括査定価格と、営業マンの紋切り型セールス文句を鵜呑みにした我が奥様。トーゼン、一番高い価格査定の大手不動産会社と媒介契約を交わしましたよ。家のことになると、金は男、口は女が出すもんだ、ってのはなんだか納得がいかないんですけどね。

とりあえず、売り出しが始まりました。そうそう、そもそもの売却理由なんですが、生活が苦しいからです(終了)。奥さんに何も言えない理由の一つなんですが、転職しちゃいまして。次のところ決めてから辞めたので、生活は問題ないんですけど、やっぱり収入が年で言うと120万ちょっと落ちたんですよね。最初は車を売って、クルマ関係の経費を減らした(カーシェアリングを申し込んだ)んです。

でもね、買う時には分かっていたことだけど、マンションってけっこう維持費がかかる。そりゃ、一戸建だって、いつかはまとまったリフォーム費用が必要なんだけど、マンションって、時期を調整したり、節約しようがないじゃないですか。管理費と修繕積立金って。毎月、毎月っ…(汗)

転職したその夏に子供が2か月近く入院しちゃって。子供はまだ就学前なので、奥さんには付き添いのために仕事休んでもらうしかなくなりました。入社したばかりなのに、そうそう休めないじゃないですか。ローン12万に管理費と修繕積立金約3.5万(この時は駐車場をまだ借りてた)。そうだ、固定資産税もまだ納付してないんだっけ…。続きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする